中国での転職・就職・求人情報サイト
上海・広州・深圳での転職ならパソナ中国へ

転職お悩み相談
Consultation



海外、中国での転職・就職。不安や悩みがあるのは皆さん同じです。パソナにご相談いただいたお悩みを一緒に見てみましょう。悩みや不安があるのは皆さん一緒です。パソナのキャリアアドバイザーにご相談ください!

相談その4

初めて転職をします。何を準備すればよいですか?

相談者:小林さん(仮名)25歳 男性

日本の高校を卒業後、中国の大学に進学。そのまま中国での就職を希望するも、就業ビザ取得が出来ず、日本へ帰国し、一旦就職。ビザ取得条件を満たしたので、中国で転職を希望。

高校卒業後、中国への興味と海外に出たかったことから、中国の大学に進学をしました。そのまま、中国で働きたかったのですが、ビザが取れず、やむなく帰国をし、日本で2年間働きました。
就業ビザ取得の条件とされる2年の職務経歴が出来たので、中国で仕事を探そうと思います。ただ、今回初めての転職なので、何からやればいいのかわかりません。何を準備したらよいか教えてください。

キャリアアドバイザーからの回答

就職活動の時に、履歴書をご用意されたと思いますが、転職の場合は、これにプラスし職務経歴書が必要です。基本的にはどちらも日本語で構いませんが、応募先企業によっては、中国語や英語の履歴書・職務経歴書を求める場合もありますので、要求に従い準備をしてください。
パソナに登録をし、お仕事を探す場合は、先の履歴書・職務経歴書の作成をして頂いた後、ご来社もしくは、Skypeやお電話にて面談を実施させて頂きます。その際に、ご本人のこれまでのご経歴、希望条件をヒアリングさせて頂き、中国語や英語ができる方については、語学レベルのチェックも行わせて頂いております。
お伺いした情報をもとに、ご紹介できる求人をサーチし、ご紹介させて頂きますので、ご興味のある求人について教えて頂ければ、パソナから企業へ応募の手続きを取らせて頂きます。
選考フローは、ご自身で直接応募される場合と同じく、書類選考⇒1次面接⇒・・・・⇒最終面接となります。
詳しくは、https://www.pasona.com.cn/jp/entryよりご登録頂けましたら、担当のキャリアアドバイザーより詳しくご説明させて頂きます。

キャリアアドバイザーからのポイント

■転職の際は、履歴書・職務経歴書を用意する。
■選考の流れは、自身で応募する時と同じく、書類選考から始まる。

担当:陶 頴 上海エリア

転職支援サービスに登録