中国での転職・就職・求人情報サイト
上海・北京・広州・深圳・蘇州での転職ならパソナ中国へ

中国の現地情報
Local Situation



中国で働くには

一般的な募集スキル

中国現地の日系企業では、規模の大きな企業は限られており社内に教育・研修制度が整っていない場合が多く、OJTを通して教育を行なう企業も見られます。そのため、経験のある人材や自分で積極的に動ける人材が求められています。重要顧客や日本本社とのやりとりのある仕事を任されることも多く、業務経験だけでなく日本人としてのマナーや仕事の進め方を理解・実践できることが必要とされます。語学力に関しては、英語よりも中国語が重視されます。社内中国人スタッフとの交流ができるレベル(一般的に新漢語水平試験5級程度)が必要となるケースが多いです。

語学力

中国語
新漢語水平試験(HSK)5級以上又は漢語水平試験(HSK)6級以上
中国語を用いて広範囲の話題について会話ができ、中国語を母国語とする相手と比較的流暢にコミュニケーションをとることができる。

英語
一般的に英語の能力は求められない場合が多いが、海外の顧客や海外の関連会社とのやり取りのため英語のコミュニケーション能力を求める企業も増えている。

求められる人物像

日本人現地採用
2年以上の職務経験があり(ビザ取得のため)、日本式の仕事のマナーや仕事の進め方を理解している。中国語ができ、言葉のできない駐在員とローカルスタッフの潤滑油になれる人材。

一般的な待遇 <日本人の場合>

給与(RMB=中国元)
職種 平均給与(手取り)
営業 RMB10,000~15,000
(歩合給が加わる場合もあり)
事務系 RMB10,000~13,000
カスタマーサービス RMB10,000~13,000
技術者 RMB10,000~25,000
管理職 RMB20,000~

ボーナス

0~2ヶ月(企業業績により格差あり)

諸手当

•住宅手当は給与に含まれることが多い。ただし、郊外の工場勤務の場合には社用車(乗用車乗合や会社の交通手段)での送迎が行われるケースもあり。
•基本的に交通費、住宅手当、健康保険などの各種手当は、企業により異なるため、企業毎に確認が必要。

所得

中国での就労で得た所得は中国で納税しなければならない。所得税は各都市の税務局に毎月納税申告し企業の口座を通じて納税される。外国人はRMB4,800まで税金が控除となる。個人所得税計算式は、(税込み所得金額―RMB4,800)×税率―速算控除額。
所得には海外手当て、残業手当等の全てが含まれる。例えば、給料、手当てなど含めて所得総月額が RMB10,000の場合、(10,000-4,800)×20% – 555 =RMB485が、1ヵ月の所得税となる。
税金が会社負担か、自己負担なのか契約前に確認することが必要。

生活情報

  • 華東地区上海

    日系企業はすでに8000社を越え、中国のヘッドオフィスとして構えています。日本語可能なお店やサービスを提供する企業も多く、日本の食品・製品が手に入りやすい、生活に便利な都市です。

  • 華北地区北京

    日系企業の駐在員事務所・代表処が多い都市です。日本人の北京在住者は約1万人といわれ、北京オリンピックをきっかけに、市内の衛生やインフラ整備が整い、より安心して生活しやすい環境へと移り変わりました。

  • 華南地区広州・深圳

    日系製造メーカ(自動車・機械・電気電子等)が生産工場を構える都市です。香港・マカオにも程近く、中国とアジアの文化を併せ持った国際都市として、人気がある都市です。

住宅

中国国内で外国人が居住する場合、政府が指定した地区・建築物に居住しなければなりませんでしたが、98年に法改定され、一般的な住居に住むことが可能になりました。物件タイプとしては、2LDK以上の物件が主流ですが、1ルームタイプも増えてきており、市内の家賃はRMB4,000/月程度からとなっています。郊外に出れば家賃は少し安くなります。比較的新しい住居でも、ガス栓・水周りなどに問題があることもあり、家探しの際には信頼できる不動産や知り合いと探されることをおすすめします。

通勤

各都市の市内にオフィスがある場合、地下鉄で通勤ができます。またバスの路線も多くバスでの通勤も可能です。郊外の工場では、移動手段が限られており、会社のシャトルバスや送迎車がある企業もあります。

病院

上海には外国人向けのクリニックが複数あり、日本人医師や看護婦が常駐している病院もあります。また海外傷害保険に加入していればキャッシュレスで診療可能なクリニックも多いです。地方では医療設備が充実していないところもあるので、外国人向けクリニック、または日本に帰国して診察を受ける方が無難と思われます。

食事

一般的なレストランで食事をするのであれば衛生面は問題なく、物価が安いため日本と比べると食事代を抑えることが可能です。中華料理だけでなく、各国の料理を提供するレストランがたくさんあり、食事に飽きることはありません。例えば、日本食であれば、日系企業の多い地域に多く見られます。ただし、屋台などは衛生面で問題があることも多くおすすめできません。

日本人総務担当で勤務する現地採用者生活費例

RMB10,000の収入の場合
住居費 光熱費 食費 交通費 交際費 その他
4,000 400 2,000 300 2,000 1,000 300

中国のビザ申請方法

1996年5月1日より「外国人在中国就業管理規定」が施行され、これにより単純労働を目的とした中国への入国を規制するようになった。そのため、職歴のない外国人は就業ビザを取得できない傾向にある。

1.査証の種類

就業査証(Zビザ)、留学・研修・学習査証(Xビザ)、配偶者ビザ(Sビザ)、訪問・出張査証(Mビザ)、定住査証(Dビザ)、観光・親族訪問査証(Lビザ)、トランジット査証(Gビザ)、国際線乗務員査証(Cビザ)、取材査証(J-1 ビザ)

2.就労滞在に必要な手続き

  • a) 「外国人就業許可証書」の申請雇い入れる企業が「外国人招聘雇用就業申請書」に記入し、
    必要書類といっしょに労働局に提出する
  • b) ビザ通知の取得政府対外経済貿易委員会にてビザ通知「被授権単位簽証通知表」を取得
  • c) 身体検査衛生検疫局にて身体検査を受ける。(日本の指定病院でも可)
  • d) 日本にて就業査証(Zビザ)取得
    <必要書類>
    ・ビザ申請書(日本の大使館にある)
    ・「外国人就業許可証書」(原本)
    ・身体検査記録
  • e) 「就業証」申請労働局にて「就業証」の申請を行う
  • f) 「居留証」取得とZビザ切り替え・公安局にて「居留証」の取得とZビザの切換えを行う。
    ・初回の「居留証」申請には、申請者自身が出向かなければならない。
  • g) 税務局にて登記毎月の給与を証明できる書類(労働契約書または給与明細等)を持って、管轄の税務局への登記を行い、
    毎月所得税の納税申告をする。
    ※詳細は政策により変更されますので、詳しくは各政府機関へ直接お問い合わせ下さい。

転職支援サービスに登録