中国での転職・就職・求人情報サイト

上海・広州・深圳での転職ならパソナ中国へ



データから紐解く中国の人事労務

2017 給与情報・福利厚生分析レポート_Vol.5
人事トレンド④ 2017年度調査より エグゼクティブの給与と採用トレンド

前回は中国の新卒採用の傾向や若手人材の教育研修について紹介した。今回は、総経理や副総経理職等のエグゼクティブの給与や採用トレンドを紹介する。

 

総経理職の給与の内訳

総経理の昇給を決めるポイントとしては、マネジメント能力及び語学力が挙げられる。日系企業の場合、大手企業といえでも中国法人は社員が大人数いないことが多いことから、大組織を引っ張るマネジメントより、しっかりとしたビジョンのもと、社員とのコミュニケーションを密に図れるマネジメントのニーズが高いといえる。給与のトレンドについては、昨年と大きな変化はなく、全体的に微減という結果となった。一方で、ビジネスレベルの日本語力を持った総経理のニーズは高まっており、昨年に比べて給与が上昇している。これは、現地化を進める日系企業が増えていて、日本人総経理の帰国にあわせてローカル人材の配置が進んでいることが背景にある。中国のローカル市場を攻略するため人事組織の現地化を図ると同時に、総経理の場合、日本本社への日本語での報告やコミュニケーションが必要なことから、日本語力も求められるスキルとしてニーズが高い。

 

▼職種別給与 総経理職

■基本給+役職給  ■手当  ※単位:元

1

 

最近、中国国内で30人規模の拠点を複数展開している会社から日本人総経理の帰国に伴いローカル人材の幹部を採用したいという問合せがあった。日系企業との親和性があり、日本本社とのコミュニケーションがスムースに行えるエグゼクティブ人材の採用も一つだが、やはりこの層の人材はそう多くない。よって、社内で活躍する幹部候補生を育成・昇格する方法を薦めている。このような観点からも、ローカル人材の早期からの教育研修やキャリア形成を人事制度として戦略的に立てることは非常に重要である。

また、グラフの「基本給+役職給」と「手当(通勤費や語学研修手当等の各種福利厚生)」の割合においては、昨年に比べて「手当」より「基本給+役職給」の比重が高まっている。基本給や手当は概ね変わらないが、役職給は柔軟性を持たせることが可能である。このように業績連動型の給与制度に切り替えている企業が最近増えている。日系企業も欧米や中国企業の業績連動型を導入し始めていることは、ローカル社員にとっては朗報であり、日系企業での離職率低下に繋がると考える。また、このような外資企業の人事制度に馴染みのある高い英語力を持った優秀な人材の採用にも繋がるであろう。

 

副総経理職に求められる人材

副装経理職は昨年より2倍近く伸びている。アンケートのサンプル数が増えていることから、新たに副総経理を配置している企業が増えている傾向も見受けられる。例えば、日本人総経理の帰任に伴い、副総経理を新しく任命し、新しい総経理のサポートはもちろんのこと、経営を学び、日本とのパイプ役についても経験を積んでもらえるようポジションを新設している企業もある。

 

▼職種別給与 副総経理職

■基本給+役職給  ■手当  ※単位:元

2

 

また、中国にある日系企業であってもやはり英語力を持った人材の付加価値が高いことが上記結果から伺える。英語コミュニケーションレベルが高いと給与が高いのは、英語が苦手な日本人に代わって欧米などの外資企業とのビジネス開拓を担える人材の需要が増加しているからである。マネジメントレベルにおいては、前述の通り、本社とのコミュニケーション等において日本語力が求められるが、同時に新規顧客の開拓のため、英語力を駆使しながら外資企業とのビジネス強化を図れる人材のニーズが高まっている。中国企業がASEAN進出を加速する今、例えば中国メーカーの海外展開の物流網を支えている日系企業では日本語力ではなく、中国語及び英語力を持った人材が求められている。

 

エグゼクティブ層に求められる素質

総経理や副総経理のポジションは他の職種の採用と異なり、日本との密な連携も必要なポジションであるため、中国事業を任せられる人材であるかどうか、求められる素質やスキルを持った人材を採用するようにすべきだ。また、外部人材の採用のみならず、社内人材の育成制度を構築することを薦める。しっかりとポジションを作り、日本本社の組織や仕事の進め方等を身に付けられるチャンスを設けることが大事である。中国の事業において、中国や欧米などの外資企業に勝る戦略を立案し、遂行できるリーダーシップを持った人材がエグゼクティブ層には求められている。

(以上)

 


 

毎年パソナが実施する給与情報・福利厚生分析レポートは、下記よりご参照くださいませ。

給与情報・福利厚生分析レポート

 

コラムニスト情報

パソナ中国/上海本社 営業部 小野 陽子

2012年に株式会社パソナに入社。東京都千代田区の営業担当として、クライアント向けのHRコンサルティング営業を行う。パソナグループのサービスメニューを活か…  続きはこちら...

おすすめコラム

おすすめ専門家

パソナが提供する
3つのソリューション

  • リクルーティングサービス
  • アウトソーシングサービス
  • コンサルティングサービス