中国での転職・就職・求人情報サイト

上海・広州・深圳での転職ならパソナ中国へ



福利厚生・インセンティブ

「昭和的」なイベント好きな中国人スタッフ
〜それを誤解する日本人〜

中国人スタッフは忘年会や社員旅行などの「会社イベント」が大好きです。

今や日本人の若者よりも中国人の方が好きと言っても過言ではないでしょう。

 

実際当社が実施している満足度調査においても

 

「会社の仲間は大切だよ」

「一体感がある感じがうちの会社の好きなところかな」

「重視するのは、その会社が人性化(「温かみがある」の意味)かどうかかな」

 

との回答が多く集まります。

 

そして、この話をある日本人の総経理に話をしました。

 

「そうだよね。確かに昔の昭和の雰囲気っていうか、意外と日本人よりもウェットなところがあるかもしれないよね。」

 

との反応でした。

 

ただ、この解釈には「大きな誤解」が含まれているかもしれないと私は思っています。

 

実際、数か月後にこの会社の日本人総経理がぼやいていたのですが、

 

「いやあ、先日急にうちのキーマンの課長が退職するって言いだして。大事なプロジェクトの真っ最中なのに一か月後にきっちり辞めるってきっぱり言われたよ。もっと責任感のある社員だと思っていたのに。ますます中国人が分からなくなってきたよ。」

 

とのことでした。

 

きっとこの総経理はこう考えたのだと思います。

 

<会社の仲間との調和を大事にするところを見ると、中国人も必ずしも個人主義とは限らない。日本人と似た価値観を持っているはず。仕事に責任感を持つし、会社に迷惑をかけないっていう気持ちが心の奥にあるってことだよな。>

 

「中国人が仕事に対する責任感を持っていない」かどうか問われると、私はそうは思いません。

 

むしろ日本人よりも仕事熱心な中国人スタッフを沢山知っています。

 

でも、日本人の感覚と異なるのは、

 

・今の仕事は大事だけど、これからの自分の夢や進路はもっと大事。

(日本人は会社の都合も考慮しながら退職時期や退職そのものを考える。)

 

・退職しても前職の友達は変わらぬ友達のまま。

(日本人は会社を離れた仲間に対しては少し心が離れた感覚を持つことも。)

 

・急に退職する同僚に対して怒る気持ちはあまりない。

むしろ会社に対して早く後任を補充して欲しいという気持ちの方が強い。

(日本人は急に退職する同僚には無責任だと感じる場合が多い。)

 

という点が挙げられると思います。

 

会社のコミュニケーションをスムーズにするためにもいろいろな福利厚生や、社員同士が交流できるイベントを行うことはとても重要だと思います。

 

ただし、日本人の発想の根本にある「同じ会社に長く働くことは良いことだ」という発想で、福利厚生を運営するべきではないと認識した方がよいでしょう。ある程度の流動性を前提としながら「働きやすい魅力的な会社」を、福利厚生を通じて実現していく発想が重要かと思います。

コラムニスト情報

ベネフィット・ワン上海 鈴木梢一郎

1999年早稲田大学政治経済学部卒業後、株式会社ベネフィット・ワンに入社。執行役員を経て、2012年ベネフィット・ワン上海の董事総経理に就任。  続きはこちら...

おすすめコラム

おすすめ専門家

パソナが提供する
3つのソリューション

  • リクルーティングサービス
  • アウトソーシングサービス
  • コンサルティングサービス